So-net無料ブログ作成
検索選択
    
             

前の2件 | -

6月の教室は苔玉つくり [季節の自然を愉しむ時間]

6月の陶芸教室はお休みにして


お庭オーナーの久美子さんご提案の「苔玉つくり」をしました。


 


まず、楽しかった!!


久美子さんも、生徒さんが帰って片付けしながらも


「楽しかった!」って何回もおっしゃっていました。笑


 


そんな苔玉つくりの様子です~


KIMG4489.JPG


この日は参加者6名です。


&にゃんこも何匹か参加してくれました〜 にゃー


みなさんバラバラと到着するなり、


これから苔玉に入れる植物を取りに行きましょう!と言われ、


手袋とシャベルを渡されて「植物採取」から始まりました。


KIMG4490.JPG


苔玉の大きさなどを説明しながら


広い庭を隈無く散歩というか、何を入れようかと物色です~


 


久美子さんのお宅には


華やかなお花ももちろんあります。


今月気になったのは。。


KIMG4487.JPG


八重の百合


KIMG4488.JPG


華やかなガクアジサイ などなど、、


初参加の方は、その植物の多さ、庭の広さに驚いていらっしゃいました。


 


華やかなお花を入れたいところですが、


今回はお部屋の中でも育ちやすい、半日陰で育つ植物を選んでいただきました。


緑の草花中心です。


KIMG4491.JPG


自然に生えて育っている植物をつかうので、


大きく育っている枝もあれば、


曲がりくねっている枝葉がほとんどです。


その自然形をどう生かすか、が腕の見せ所ですよ☆


KIMG4494.JPG


植物採取がおわったら


私が土つくりをお伝えしました。


参加の皆さんの分をつくり別けました。


 


粘土こねのようで楽しいです。


KIMG4493.JPG


まず植物の根っこ部分に粘土のようなお団子状の土をくっつけていきます。


 


ここまで出来たらもう完成したようなものです~


 


あとは苔を張っていきますよ。


 


苔玉をお皿に乗せて飾る場合は


苔玉の底の部分の苔が光合成できなくて枯れてしまう場合があります。


ですので、


底部分は水苔とネットをつかいました。


見える部分は苔を張りましょうね~


 


苔を張って、


くるぐる、ぐるぐる 糸を巻いて苔を留めていきます。


KIMG4495.JPG


途中で、「あっ!」!!とハプニングもあり


例えば、、


苔玉が手からポロリ。。


例えば


糸がプツリ切れたり。。


 


ですが、皆さんで笑って楽しく作れましたよ!


 


ジャーン!!


KIMG4497.JPG


いかがでしょう?


KIMG4498.JPG


とっても素敵な苔玉ができたでしょ♪


 


1個つくって、苔が余ったので


皆さん2個つくれました。


KIMG4501.JPG


2個目は、手慣れた感じで素早くつくれましたね。


KIMG4496.JPG


植物の入れ方、苔玉の大きさ、形で


随分イメージが違いますね。


 


とっても素敵なインテリアになりました~


これからの成長も楽しんでくださいね。


 


久美子さんのお庭から楽しい時間が広がっています。


参加したい!という方は、またの機会にどうぞご参加ください。


右側のバナーとFacebookでもお知らせしております。


どうぞ「いいね」してチェックください〜


11月には久美子さんのお庭のグリーンをつかって


クリスマスリースつくりを毎年行なっています。


去年の様子はこちら


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

季節の植物を [デイサービス 花レク教室]

毎月1回伺っているデイサービス・サンフルーリ久が原さん


昨日、出張花教室に行ってきました。


KIMG4478.JPG


道すがら、山法師が綺麗に咲いていました。


この季節は白い花が爽やかに感じます。


 


サンフルーリ久が原さんの入り口には


「ひまわり」が着々と育っていましたよ。


KIMG4480.JPG


 


冷たい梅雨空の中でしたが


お部屋にはニコニコの笑顔が待ってくれていました!


 


昨日は初参加の方がお二人いらっしゃいました。


さて、どんな事をやるんだろう?と、ちょっと緊張している様子です。


(私も緊張なのですが^^;)


季節の梅雨の話やら、私も久が原に住んでいた事などを話ていくうちに


緊張も和らいできた感じがありました。


 


まず器つくりから、お花アレンジ開始です。


植物は、季節の「ギボウシ」の葉を第一投していただきました。


DSC_0145.jpg


葉の形が綺麗と感じる場所に入れてください。とお伝えしたのですが、


手が止まっている方が、、、


あれ?いつもは瞬時に生けてくださる方なのに、、


「どうしました?葉っぱを最初に入れるのは難しかったかな?」と言ったら


「んー、難しいわ~~」と笑いながらおっしゃるので


「では、次のお花を入れつつ、ギボウシの葉を入れましょう。」と提案。


「それなら出来そう!」とお返事がありました。


よかった、よかった。


 


お次は皆さんが気になっていた「甘い香り」の花を。。


「今日はとっても良い花の香りがするのよね。」という声が開始前にありました。


皆さん鼻が効きます!!


香りの正体は「クチナシ」の花です。


DSC_0149.jpg


皆さんにまず花の香りを嗅いでもらうと、


「うっとりー」「幸せー」「いつまででも嗅いでいたいー」と良い顔してくださいました。


DSC_0150.jpg


やっぱり良い香りのお花は皆さん好きですね~


この時期だけの花なので、ご用意できて良かった!


そして


「クチナシの~♪ 白い花~♪ お前のような花だった~♪」なんて、


歌まで出てきてカラオケ大会になりましたよ^^


DSC_0152.jpg


お次はブラックベリー、キキョウや紅花など季節の花を。。


DSC_0153.jpg


お花の切り分けなども、皆さん慣れてきてくれています。


DSC_0157.jpg


DSC_0161.jpg


お花の最後は「アザミ」です。


アザミはトゲがあるし、刺さると痛いし、、と思ってこれまで敬遠していました。


ですが、、


「懐かしい」「久々に見たわ」「かわいい花よね」


などと、皆さんには馴染みのある花のようでとっても喜んでくれました。


 


しかも、「アザミの歌」という歌の合唱とハーモニカ演奏まで飛び出しました!


すごい~♪♪とっても上手でしたし、感動しちゃいました。


「先生はこの歌、知らないでしょう~」と言われてしまいましたが^^;


花を見つつ、その花の歌を奏で歌い、とっても素敵な空間だったんです。


こういう思ってもみない瞬間に出逢えると嬉しくなってしまいます。


 


最後には、吸水スポンジの上に「コケ」を敷いてもらいました。


土も付いているし、汚い印象があったのか


「私、要らないわ」とおっしゃる方もいましたが


私の必殺兵器「ルーペ」を取り出して、コケを拡大して見て頂きましたよ。


 


そうしたら「まぁ!!綺麗!!こんなにキラキラしているの!!」と


水を含んだコケがとっても綺麗な事を知ってもらえました。


「先生、私も見せて!見せて!」という声が、あちらこちらから飛び出しました。


そうしたら、スタッフの皆さんも「見たい見たい!」と


最後になってワイワイとコケ談議が始まりました。


DSC_0162.jpg


(お花のテキスト資料も、きちんと持ってかえってくださります)


「コケはどうやって育てるの?増やせるの?」


「乾いているコケは死んでしまっているの?」


質問もいっぱい出て、コケに興味を持ってくださいました。


コケ女としては嬉しい反応でしたよ。


コケの美しさ、楽しさを知っていただける良い機会となりました。


 


今回も、スタッフの皆さんに助けていただき感謝です。


参加のみなさんの嬉しい多くの反応は


私にとって勉強になったというか感動というか、とても刺激になりました。


今月もありがとうございました。


DSC_0165.jpg


お庭には野菜達が立派に育っています。


来月にはどんなに大きくなっているかも私の楽しみになっています♪


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の2件 | -